2006年07月28日

外務省、フランスへの渡航自粛勧告を発令したとの報道を否定

 外務省は27日、25日付けで同省がタイ国民に対してフランスへの不要不急なの渡航を自粛するように勧告したとAFP等が26日付けで報じていたことに関して、25日付けの同省の発令はあくまでフランスへ渡航するタイ国民に対して一般的な注意を喚起する目的で発令したもので、渡航の自粛勧告を意図したものではなかったとして報道を否定しました。

 この発言に先立ってAFP等の国外通信社やNation(速報)等が26日付けで、フランス国内のタイ大使館の公用車が交差点で信号待ち中に、強盗がフロントガラスを割って外交官が所持していたバッグを強奪しようとする事件が発生した他、タイ大使館の公用車を狙った少なくとも4件の襲撃・強盗事件が発生した事を受け、外務省がタイ国民に対してフランスへの不要不急な渡航の延期・中止を勧告したと伝えていました。

posted by Jean T. at 10:36| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。