2006年07月29日

食堂店主、若い男と遊びほうけていた妻を殺害後コンクリート詰め

 27日夜半、都内バーンボーン区内にある食堂兼住居の寝室内で、頭を拳銃で撃たれ殺害された上でコンクリート詰めにされた28歳の女性の遺体がベッドの下に隠してあるのが発見されました。

 警察側は、殺害された女性は、家主の48歳の男の後妻として入って以来、日頃から夜通し若い男生と遊びほうける事が好きだった女性と男との間で喧嘩が絶えていなかったこと、また遺体が発見される前の25日にセメント袋を屋内に持ち込んでいるところが目撃されていることから、女性の派手な男性関係に嫉妬した男が女性を殺害した上で、遺体を隠すためにセメント詰めにし、そのまま逃走したと見て男の行方を追っているようです。

posted by Jean T. at 12:33| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。