2006年08月21日

CX、スワンナプーム新国際空港は域内の新ハブ空港に為り得る

 キャセイパシフィック航空タイ支店の関係者(タイ人)は20日、スワンナプーム新国際空港が域内に於ける新たなハブ空港に為り得、更にハブ空港になることにより旅客増という相乗効果をもたらし航空会社にとってもメリットがある話であるとの認識を示しました。

 尚、同社によると、新国際空港への移転に向けた準備は既に50%方終了しており、9月28日の正式開港時には問題なく新国際空港内での通常の業務を開始することができる見通しであるとのこと。

 また、同社によると、新国際空港への移転後に、過去にドラゴン航空が運行している中国方面線に参入する計画がある他、同社設立60周年を記念した割引航空券やパッケージのプロモーションを強化する事により、年間ベースで13.4%の利用客増を目指すとのこと。



posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。