2006年08月31日

タイ・エアー・アジア社、9月25日に全てのフライトを新国際空港に移転

 AFP等の国外通信社の報道によると、シン社とマレーシアのエアー・アジア社との合弁企業であるタイ・エアー・アジア社が、9月25日に国際線を含む全てのフライトを新国際空港に移転させる方針を明らかにしているようです。

 政府側が目指す正式開業日の3日前に全てのフライトを新国際空港に移転させる事に関して同社側は、正式開業日前日に予想される輻輳を避けるために、敢えて前倒しで移転させる事にしたと説明しているようです。

 また、まだ完成状態になっていない新国際空港内の同社関連施設に関しても、移転日までに全て使用可能な状態になるとの認識を示しているようです。

 一方、一部報道によるとタイ国際航空系のノック・エアーは、正式開業日の1日前の9月27日に全ての路線を、またオリエント・タイ航空系のOne-Two-Goは、9月26日に全ての路線を新国際空港に移転させる方針を明らかにしている他、シンガポールベースのジョットスターは、9月15日に一日三便あるフライトの全てを新国際空港に移転させる方針を明らかにしているようです。

posted by Jean T. at 02:28| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。