2006年09月14日

暫定首相、首相指名を辞退した場合は財団設立の可能性も

 タクシン暫定首相は14日朝ch5で放送された二日目となるインタビュー番組の中で、次期首相指名辞退の可能性に関しては現在考え中であるとした上で、仮に首相指名を辞退した場合は財団を設立する事を考えていると語り、指名辞退の可能性に含みを持たせながらも明言は避けていたようです。

 更に、暫定首相はインタビューの中で、次期首相になる者はより社会や人との接触を持つよう心掛けるべきで、さもないと自分の様に仕事に熱中しすぎて古くからの友人を無くす事になると訴える場面も見られたようです。

 また、14日の放送の中でも国王への敬愛への念を強調する場面や、自分に反対する者は、自分が何をやっても全て間違いであると指摘する傾向があると不満を除かせながらも、各階層に向けて好き嫌いを忘れ一致団結に取り組むべきであると呼びかける場面も見られたようです。

posted by Jean T. at 13:49| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。