2006年09月15日

政府側がクーデターの噂を流しているのは同情票が欲しいから

 民主党のオンアート報道官は14日、総選挙に於いて同情票が欲しいために、政府関係者の口から必要以上にクーデターの事について言及されていると指摘した上で、政治情勢が不安定である事を充分に考慮して、ありもしない話を喧伝しないよう要請しました。

 更に、オンアート氏はタクシン暫定首相に対して、あたかも己がミャンマーのアウンサン・スーチー女史の様な立場に置かれている様なイメージを内外に植え付けるような言動は止めるべきである、何故ならスーチー女史は民主主義の為に闘っている人物で、己及び関係者の利権の為に闘っている暫定首相とは本質的に人間の質が異なっているからであると語りタクシン暫定首相のスタンドプレイを皮肉っていました。

posted by Jean T. at 01:47| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。