2006年09月20日

新選挙委員長、本腰を入れて政治改革に取り組む意向

 選挙委員会のアピチャート委員長は19日、国内に汚い政治が蔓延っているとの認識を示した上で、選挙委員会の権限の範囲内で本腰を入れて政治改革に取り組み政界浄化に貢献していく意向を明らかにしました。

 発言の中でアピチャート委員長は、これまで一度も政治の世界に関係した事が無い立場で、相互憲政作用が正しく機能する健全な三権分立体制の創成を第一の目標として取り組んで行きたいと語っていました。

posted by Jean T. at 01:39| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。