2006年11月27日

スラユット首相への支持率がタクシン前首相を大きく上回る

 ABACポールが行った意識調査で、回答者の70.5%がスラユット首相を支持すると回答する一方で、タクシン前首相を支持すると回答した者が僅かに15.8%だった事が明らかになっています。

 また、タクシン前首相が近隣国内で神出鬼没ぶりを見せていることに関しては、67.3%の回答者がタイ国内の政情を煽ることにつながると考えると共に、同前首相は政治との関わりを経つべきであると回答していたようです。

 一方、政変後の政治情勢に関する意識に関しては、政治情勢に対する不安感を持つ回答者数が政変前の69.9%から30.8%に減少し、また政治情勢に対するストレス感に関しても43.2%から23.3%に減少。更に73.4%が政変後に政治情勢が好転したと考えると回答していたようです。

posted by Jean T. at 01:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。