2006年11月30日

国の為に死ねるなら本望だ

 何となくスタンドプレイが大好なタクシン前首相が好んで言いそうな発言ですが。。。スラユット首相は29日、一部報道が未確認情報として南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織が7桁の懸賞金をかけて同首相の暗殺を呼びかけていると報じられていることに対して、「国家に命を捧げた一軍卒として、国家の為に死ね事は普通の事である」と語り、一味側の暗殺指令を恐れていないことを強調しました。

 尚、英字のネーションは、「一軍卒として国家の為に死ねるなら、それは名誉な事である」とスラユット首相のタイ語発言を意訳して報じていました。

 29日付けの一部報道は、未確認情報として対話・開発推進路線を明確にしている政府側の南部政策により、前政権時代の不公正な南部政策により一度は心を掴んだ住民の心が組織から離れる事を恐れた新興の分離主義組織が、懸賞金をかけてスラユット首相及び国家安全保障評議会のソンティ議長の暗殺を指示したと報じていました。

 尚、スラユット首相によると、この報道の真偽に関しては明確になっておらず、現在国家安全保障会議のソンティ議長に調査を要請しているとの事。

 また、スラユット首相は、現在南部国境三県域内の特定の地区内で頻発している不穏な動きの背景の一つに、政府側の南部政策に対する一味側の反感がある事を認めた上で、今後も辛抱強く対策を講じていく必要があるとの認識を示していました。

 一方、アーリー国務大臣は29日、南部に於ける一連の不穏な動きに関与している組織が12月2日にパッターニー国建国宣言を兼ねて南部国境三県域内で一斉にパッターニー国の国旗を掲げる事を画策していると報じられていることに関して、タイである限りが国旗は一つであり、その様な事は不可能であると語っていました。

posted by Jean T. at 01:12| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。