2006年12月31日

ボーベー市場で火災、都は危険地域に指定

 29日21時頃、都内パトゥムワン区にある衣料品を中心に扱う商店が密集しているボーベー市場にある5階建て(報道により6階建て)の商業ビルから火災が発生し、折からの乾燥した空気と消防車が入ることが出来ない密集地帯だったことも手伝い、約8時間に渡って燃え広がり延べ6ライが焼失する事態となりました。

 また、この火災の影響でフワラムポーン駅を出発する予定だった列車が29日20:00過ぎ頃から30日3:30頃まで出発できない事態にもなったようです。

 この火災を受けバンコク都庁は30日、火災が発生した一帯を商業活動等の利用を厳格に禁止する危険地域に指定しました。

 尚、火災原因に関しては、現在当局側が調査にあたっていますが、火災が発生したビルが衣料品等の一時保管庫として使用され火災発生当時は無人だったことから、一部でボーベー市場内の一部の商店の移転を要求している都庁側と移転に反対している商店側との対立が火災の背景に有るのではないかとの穿った見方も指摘されているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。