2007年01月27日

バンハーン氏、代替え空港としてドーン・ムァンの再整備を

 チャート・タイ党のバンハーン党首は26日、ドーン・ムァン空港を緊急着陸に対応できる代替え空港として再整備を早急に進めるべきであると指摘しました。

 これは、先にスワンナプーム新国際空港の滑走路上100ヶ所以上で亀裂等が発見された事を受けた発言。

 また、タイ・ラック・タイ党を離脱し大地の力党を設立したリキット・ティラウェーキン氏は、スワンナプーム新国際空港を巡る問題は、グット・ガバナンスの欠如と、官僚、政治家、監視機能を担う独立機構、国民及び社会に存在する脆弱な部分につけ込んだ汚職行為が生み出した恥ずべき問題であると指摘していました。

 一方、スワンナプーム新国際空港の滑走路の補修に関しては、スラユット首相は空港を閉鎖して作業を行う程の状態ではないとの認識を示していましたが、タイ空港社(AOT)側は26日午後、滑走路の補修作業の完了までに最長で1年間強、予算にして3億から30億バーツがかかるとの見通しを示した上で、補修作業期間中に航空機の運航に支障がでる事を想定してドーン・ムァン空港を予備用の空港として使用する方向で調整中である事を明らかにしていました。

 尚、補修作業に関しては、25日22:00頃から西側の滑走路を閉鎖して行われた作業によって、一部の航空機の着陸が大幅に遅れるという事態が見られたようですが、27日2:00から6:00の間に行われる予定になっている東側滑走路の補修作業に関しては、僅かに6-10機程度の航空機の離着陸しか予定されていないことから、航空機の運航に大きな影響は無いとの見通しを示しているようです。

posted by Jean T. at 01:53| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。