2007年01月30日

運輸相、6日の閣議で一部国内線のドーン・ムァンへの移転を提案

 ティラ運輸大臣は29日夕方、同日開かれたタイ空港社(AOT)等を交えた協議結果を受け2月6日に開かれる閣議の席上で一部国内線のスワンナプーム新国際空港からドーン・ムァン空港への移転を正式に提案する方針を明らかにしました。

 尚、ドーン・ムァン空港への移転は、当初計画通り各航空会社の自主裁量委任されており、既に国内線と国際線で機材を使い回しているタイ・エアー・アジア社が国際線の移転許可が下りない限りは新国際空港での運行を継続させる方針を発表、またオリエント・タイ航空も新国際空港での運行を継続させる方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。