2007年04月26日

反クーデター系11団体、政変後の評議会幹部の資産調査を要求

 独裁に反対する土曜日の人々を始めとする反クーデターを標榜する11の団体は25日、連名で国家汚職防止取締委員会に対して昨年9月19日に発生したクーデター以後の国家安全保障評議会幹部の資産や負債の変動状況について調査をするよう要求しました。

 今回の動きについて団体側は、クーデターによって国の高級官僚に準じる立場を得ただけでなく行政を司る立場にも就いた個人として評議会幹部は法律に則り国家汚職防止取締委員会に資産報告書を提出する義務があると指摘していました。

 一方、独裁に反対する土曜日の人々のウィプータレーン広報担当は、今後もプレーム枢密院評議会議長の罷免を王室に誓願する為の署名活動を継続すると共に、26日にこれまで行われてきた署名活動の進捗状況について報告する予定である事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。