2007年04月27日

首相、総選挙後の前首相帰国の可能性は極めて薄い

 スラユット首相は26日、新憲法下で行われる総選挙後のタクシン前首相の帰国の可能性は極めて薄いとの認識を示しました。

 これは、有名コラムニスト11人を招いた昼食会の席上で語られたもので、スラユット首相は、総選挙が実施される頃にはタクシン前首相が絡む不正・汚職疑惑追求の舞台が法廷の場に移っており、仮に外部が前首相の帰国を受け入れる環境を整えたとしても前首相を取り巻く政治的な状況が帰国を困難なものにするだろうとの認識を示していました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。