2007年04月28日

31歳男、実母が小型トラックを買ってくれないとの理由で拳銃自殺

 26日夕方過ぎ、ナコン・シー・タンマラート県県都内で、実母が小型トラックを買ってくれなかった事にキレた31歳の息子が9mm口径の銃で自分の頭を撃ち抜き自殺するという事件が発生しました。

 親族等の証言から、小型トラック購入の為のお金を無心した際に母親からお金が貯まるまで待って欲しいと言われた事にキレて拳銃自殺を図ったようです。

 因みに息子は、オペレーター職ながら運輸省水上交通局水上交通開発整備センターに所属するれっきとした公務員。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。