2007年04月28日

南部情勢 (26-27日)

・26日19:00前、パッターニー県コークポー郡内で、イスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。犯行は当局側による仕業であると疑う近隣住民が当局側の現場検証を阻止する場面も一時見られた。

・27日6:00頃、ナラーティワート県ターク・バイ郡内で、69歳の仏教系住民男性宅前の植木付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、近くで米菓子類を販売していた68歳の仏教系住民女性と孫の14歳の少年が重傷。使用された爆発物は6:00にセットされた時限発火式。

・27日8:00過ぎ、ヤッラー県ラーマン郡内で、路上の警戒作業にあたっていた特殊戦闘部隊関係者を乗せた車両の通過に会わせ爆発物が爆発。幸い人的な被害は無し。実行グループは、路上に鋲を撒きながら逃走。

・27日9:00前、パッターニー県トゥンヤーンデーン郡内で、路上の警戒作業にあたっていた軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発。幸い人的な被害は無し。

・27日昼過ぎ、ナラーティワート県ターク・バイ郡内で、仏教系住民男性が経営する闘鶏場に併設された売店付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、売店の開店準備中だった女性2人及び闘鶏場の客の男性1人が負傷。

・スラユット首相は27日、南部視察の為に30日からタイを訪問する予定になっているイスラム諸国会議機構の事務局長が、政府が進める平和的手段を旨とした対策に支持を表明している事を明らかに。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。