2007年04月30日

タクシン前首相がアメリカ系の企業を雇いタイ政府を攻撃

 民主党執行幹部のゴープサック・サパーワス氏は29日、タクシン前首相が国外企業を雇い政府・国家安全保障評議会への攻撃を仕掛けていると指摘しました。

 ゴープサック氏によると、タクシン前首相が今年に入って契約を締結したアデルマン社が、ワシントンDCと香港の拠点を利用して「タイへの帰国を欲している一般人としてのタクシン前首相」のイメージを拡散させることに貢献している他、アメリカ政府との強いパイプを持つ一方でUSAイノベーションなるNGOの幹部を務める元アメリカ国連大使の同社の幹部がアメリカ政府へのロビー活動やタイ政府の「非民主的イメージ」を同国内に流布する任務を請け負っていると見られ、また現在タイ国内で閲覧が不可能になっているYoutubeのサイトへのタイの軍政を非難するメッセージの投稿にも関与していると見られているようです。

 また、4月27日付けのワシントンポスト紙に掲載されたタイ政府による特許侵害行為を非難する意見広告もアデルマン社幹部が関与していたようですが、ゴープサック氏によると、非難の対象となっているアメリカの民間企業がライセンスを持つエイズ治療薬の国内独自生産開始を決定したのはタクシン政権で、たとえ意見広告内に現政権は選挙で成立したものでは無いことが強調されていたとしても、内容的にはむしろ現在のタイ政府よりもクライアントであるタクシン前首相を攻撃する事になるのではないかとのこと。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。