2007年05月01日

労働省、1日に全ての労働者・従業員に有給休暇を与えるよう通達

 アパイ労働大臣は、全ての事業主に対して労働の日である5月1日に全従業員に有給休暇を与えるよう通達しました。

 また、ホテルや飲食店等の従業員を当日休ませる事が出来ない業種の事業者は、代休での対応ないしは休日出勤手当の支給が義務づけられる事になっているようです。

 尚、通達に従わなかった事業主に対しては、6ヶ月の禁固及び10万バーツの罰金の両方または何れかが科せられる事になるようです。



posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする