2007年05月01日

首相、対外広報強化の為に米系企業と契約を締結する必要性を認識

 スラユット首相は30日行われた定例記者会見の席上で、アメリカを始めとする友好国にタイ国内の政治情勢やタクシン前首相の動向に関する正しい情報を広報する為に、アメリカ系の民間企業と契約を締結する必要があるとの認識を示しました。

 これは、先にタクシン前首相がアメリカ系のコンサルタント会社と契約を締結し政府及び国家安全保障評議会の攻撃に動いていると報じられ、また当該コンサルタント会社代表が代表を兼ねるNGO"USA for Innovation"名でタイ政府の特許侵害を非難する意見広告がワシントン・ポスト紙に掲載されたことについて質問された際に語られたもので、スラユット首相によると既に外務省側が月20万米ドル、3ヶ月契約ベースでアメリカ系の企業と契約を締結する方向で動いているとのこと。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする