2007年05月02日

南部情勢 (1日)

・30日21:00前、ヤッラー県バンナンサター郡内で学校が放火され全焼。同郡内は21:00から翌4:00までの夜間外出禁止令が発令中。

・ナラーティワート県の警察当局は30日夜半、スンガイ・ゴーロック郡内2ヶ所の民家で強制家宅捜索を行い、麻薬密売容疑で2人のイスラム系住民の男を逮捕すると共に、麻薬や銃器類複数点を押収。逮捕された2人は何れも県内の大物麻薬密売エージェントと見られており、警察側は今後麻薬や銃器類の入手経路等の追及だけでなく南部に於ける一連の不安な動きへの資金提供面を含めた関与に関しても捜査を広げる方針。

・1日未明、パッターニー県ノーンヂック郡内で、一連の不穏な動きに関与した容疑で前日に逮捕された男の釈放を要求する主に女性・子供で構成された住民約100人が郡警察署前の路上を塞ぎ抗議活動を開始。最終的に郡警察の指揮官が、逮捕された男が関与していない事が確認され次第身柄を釈放する事を約束し、住民側は9:00過ぎまでに散会。

・1日7:30前、ヤッラー県グロンピナン郡内で、バイクに乗った二人組がガソリンスタンで給油中だった仏教系住民一家に向け銃を発砲し、39歳の男性が死亡し、73歳の男性の実母、4歳と3歳の男性の娘及び18歳のガソリンスタンド従業員が負傷。

・1日8:30過ぎ、パッターニー県ノーンヂック郡内で、乗り合いバス用の待合いサーラー付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、サーラー内で休憩中だった軍関係者2人が負傷。

・1日10:00前、ヤッラー県ターントー郡内で、人数不明の一味が幹線道路上に鋲を撒くと共に、回収作業に現れた当局関係者を狙い携帯電話による遠隔起爆式の爆発物をしかける。幸い爆発物を発見した当局関係者側が一時避難中に爆発が発生した為人的な被害は無し。

・1日午後、ナラーティワート県ランゲ郡内で、バイクで路上を走行中だった24歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。男性は、殺人未遂の容疑で昨年12月に逮捕状が発行されていた。

・1日午後、ナラーティワート県インゴー郡内で、バイクに乗った二人組が郡警察署前に設置されていた検問所に向け銃を乱射し、警察官1人が重傷。(初期報道段階では、人数不明の一味が郡警察署に向け銃を乱射し警察官1人が重傷。)



posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする