2007年05月04日

バンハーン氏、前首相のFC買収話はイメージ作りの為のジョークと断定

 チャート・タイ党のバンハーン党首は3日、タクシン前首相が本気でイギリスのサッカーチーム"マンチェスター・シティー”の買収に動いていると報じられていることに関して、本当に金を持っている者なら赤字に泣いている様なチームを買収して、更に己に負担をかける事になるような話には乗らないと指摘した上で、前首相の買収話はマスコミを利用してイメージ作りをする為の単なるジョークであると断定しました。

 また、タクシン前首相がタイ・ゴルフ協会の会長就任を引き受けた事に関しては、5月末にタイ・ラック・タイ党に対する解党判断が下される他、旧政権関係者が絡む不正・汚職疑惑の追及が法廷の場に舞台を移す事が予想されている事に対する反動が会長職の引き受け及びタイ・ラック・タイ党関係者による強力なロビーの背景にあるのではないかとの考えを示していました。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする