2007年05月22日

移民警察、前首相電撃帰国の噂を受けチァン・セーン郡内に於ける警戒を強化

 29日にタクシン前首相がミャンマーを経由してチァン・ラーイ県チァン・セーン郡内から電撃帰国するとの噂が広まっている事を受け、同郡の移民警察当局が国境検問所を通過しない「密入国」に備え警戒態勢を強化した事が明らかになっています。

 尚、本件に関してチャート・タイ党のバンハーン党首は21日、タイ・ラック・タイ党の解党の是非に関する判断が下されのに先立って、裁判所側にプレッシャーをかける目的で流されたデマでしかないとの認識を示していました。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする