2007年05月22日

中道会派と道議主義会派が合流し中道主義会派に

 元タイ・ラック・タイ党ナム・ヨム派閥出身者が中心になって結成されたマッチマー会派リーダーのソムサック・テープスティン氏は21日、ソムキット・ヂャートゥシピタック氏系の道議主義会派と公式に合流した後に会派名を中道主義(マッチマーティパタイ)会派に変更する見通しになった事を明らかにしました。

 ソムキット氏を党首にした新党結党に向けた動きに絡んで、これまでにソムキット氏と元マハーチョン党党首のアネーク・ラオタンマタット氏、元民主党幹事長のプラディット・パトラプラシット氏(ペニシュラHやノボテル・バーンナー等のオーナー)、元バンコク知事のピヂット・ラッタグン氏等との間で合流に向けた話し合いが行われていた事が確認されているようです。



posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする