2007年05月28日

妻の男性関係を巡る喧嘩から妻を射殺し自らも自殺

 27日1:00前、バンコク隣県のサムットプラーガン県バンプリー郡内にあるアルミニウム製造工場の従業員宿舎内で、49歳の夫が42歳の妻を射殺した上で自らも銃で自殺するという事件が発生しました。

 警察側は、妻が正体不明の男性と度々密会している事を巡った激しい喧嘩が夫婦間でしばしば発生していたことから、妻の男性関係に悩んだ夫が妻を射殺した上で自らも自殺したと見ているようです。

 尚、夫婦の知り合いの男性は、事件発生前に妻が会っていた男性は甥で、付近にある病院に連れて行くために会っていたと妻から聞いていたと証言。



posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする