2007年05月28日

75%の回答者が解党判断後の抗議活動に反対

 ABACポールが首都圏在住の3,554人を対象に行った意識調査で、回答者の91.4%が二大政党に対する解党審理関連の報道に関心を持っていると回答し、更に74.9%の回答者が情勢を煽動する、経済に悪影響を与える等の理由をあげ解党の是非に対する判断を受けた抗議活動に反対すると回答していた事が明らかになっています。

 また、解党の是非に関する判断が下された後の情勢煽動活動に関与した政党に対する支持率動向に関しては、77.1%の回答者が支持率を下げることになると回答していたようです。

 更に、解党の是非に関する判断が下される30日以降に国民が心掛けるべき事に関しては、80.3%の回答者が判断結果を厳粛に受け入れるべき、74.8%の回答者が国民の団結を重視するべき、72.9%が社会のルールに従うべきと回答する結果になっていたようです。

 一方、政府のこれまでの職務遂行の成果に関しては、53.8%の回答者が私益よりも国益を優先しているという点で満足している、46.5%の回答者がマスコミの報道の自由に対する対応に満足している、38.3%の回答者が不正・汚職問題に対する対応に満足していると回答し、また国家安全保障評議会の職務遂行の成果に関しては、71.1%が国内治安維持面で満足している、63.9%が忠義誠実を旨にしている点で満足している、62.8%が国家の為に固い決意を持って職務に邁進している点で満足している、60.3%が国家の為に犠牲の精神を持って職務に邁進しているという点で満足していると回答していたようです。

 また、総選挙の実施時期に関しては、48.3%の回答者が3ヶ月以内に行われるべきと回答する一方で、26.3%の回答者が6ヶ月以上先、25.4%の回答者が3-6ヶ月以内と回答していたようです。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。