2007年05月29日

サバーヨーイ郡内で爆破、4人が死亡

 28日16:00前、ソンクラー県サバーヨーイ郡内中心部にある市場付近で駐車してあったバイクに仕掛けてあった爆発物が爆発し、女児2人、成人女性2人の4人が死亡し、26人が負傷を負った。(初期報道段階では子供2人、女性1人の3人が死亡し10人前後が負傷)

 26日から27日にかけて道路を塞いだ抗議活動を含む一連の不穏な動きに関与した容疑で郡内の複数の住民が身柄拘束された事に対する報復との見方も取り沙汰されている。

 その他、27日から28日にかけて確認できた南部情勢関連の報道は以下の通り。

・27日21:30前、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、10人以上と見られる武装した一味が学校の警戒作業にあたっていた村自警組織員に銃を向け威嚇した上で、学校に火を放ち全焼させる。放火された学校は26日にも放火され、住民総出による消火作業によりボヤ程度で消し止められていた。

・28日10:30前、ナラーティワート県シーサコン郡内で、バイクに乗った二人組が寝具の行商中だった小型トラックに向け銃を発砲し、東北地方から行商の為に当地に来ていた39歳と36歳の男性が重傷。

・28日夕方過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、夫人と一緒に市場内で買い物中だった42歳の警察官が、人混みに紛れて現れた2人組に銃撃され死亡。

(タイ時間 28日 16:40掲載、20:20最終更新)

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。