2007年05月30日

民主党、解党を免れる

 憲法裁判所は30日、民主党の解党の是非に関する判決文の中で、

・総選挙をボイコットし、タクシン体制という言葉を使用して民主主義市民連合と同調してタクシン前首相やタイ・ラック・タイ党を批判し両者の信用を失墜させ票の動向に影響を与えた事に関して、憲法・法律で認められた公人・公的機関に対する批判行為の範囲内であり、またタクシン体制という言葉は既にティーラユット・ブンミー氏を初めとする学識経験者や批評家が使用していた民主党が攻撃の為に独自に作り出した言葉では無いとして違法性は認められない。

・民主党幹部のサーティット・ウォンノーントゥーイ氏がタイ・ラック・タイ党を陥れるために、トラン県内の個人をそそのかし、進歩的民主主義党から立候補させたとされている件に関しては、具体的な証拠がない。

・タイ・ラック・タイ党を陥れる為にステープ幹事長が東北地方救国団体のタイゴン調整役を雇って小政党の生活向上党をそそのかし小選挙区からの立候補を勧めたとされている事に関しては、ステープ幹事長の関与を証明する具体的な証拠が無い。

・民主党副党首のトライロン・スワンキーリー氏が近い関係にある地元ラジオ局のキャスターをそそのかし、住民を動員して小政党の借金帳消懇願者党擁立候補の立候補届の提出を妨害したとされている事に関しては、タイ・ラック・タイ党側から提出された目撃証言は一貫性に欠けておりトライロン氏がそそのかした証拠とは為り得ず、また当該キャスターはラジオ番組を通して住民と近い関係にあり、政治的な思惑を持って住民を動員して立候補届の提出を妨害したとは認められない。

等の判断を下した上で、選挙委員会からの告発に基づき検察側から提訴されていた民主党に対する解党命令要求を却下する決定を下した。

 一方、同時に判決が下された進歩的民主主義党に対しては、解党の判断が下されると共に、既に党を離党している、いないに拘わらず当時の幹部全員に対して5年間の被選挙権剥奪の判決がくだされた。

参考
http://www.nationchannel.com/xnews/index.php?news_id=7451(ビデオ/民主党の歴史)
http://www.nationchannel.com/xnews/index.php?news_id=7461 (ビデオ/判決)

(タイ時間 17:40掲載  18:00更新)

* 途中で勝利を確信したチュワン・リークパイ氏が机の下に紙を置いて判事の似顔絵を描き出す場面も見られました。

posted by Jean T. at 19:37| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。