2007年06月01日

労働省、高給に騙されイラクに連れて行かれないよう警告

 労働省職業斡旋局は31日、高給で騙してタイ人労働者をイラクに送り込む動きがある事を明らかにした上で、国外での就労を目指すタイ人労働者に対して「失う物」しかないイラクでの就労話に騙されないよう警告した。

 この警告は、タイ人労働者がイラク国内で就労にしている事が明るみになった事を受けたもので、現在のところ当該タイ人労働者が、職業斡旋会社からクェートに行くと騙されてイラクに連れて行かれたのか、高給に惹かれて自主的にイラクに行ったのかに関しては明確になっていないとのこと。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする