2007年07月19日

サイアムスクエアーで日本の猥褻マンガを販売していた店舗を摘発

 公安警察局は18日、バンコクのサヤームスクエアー、センターポイント近くにある書店で強制家宅捜索を行い、一般書籍に混ざって販売されていた日本の猥褻マンガ200冊以上を押収すると共に店主の男の身柄を拘束した。

 今回の摘発は、日本のマンガのキャラクターに似せた衣装を着ることを好む、所謂コスプレ・マニアを子供に持つ保護者グループから寄せられた強力な取締要請を受け行われたもので、摘発された書店では会員登録をした客に対してのみマンガを販売していたという。

 タイの法律では、猥褻書画の販売に対して最高で3年の禁固若しくは6,000バーツの罰金の一方又は両方が課せられる。

* コスプレ・グループを意味するタイ語のグルム・コースプレーを意訳してコスプレ・マニアにしました。尚、タイはスカートの中からパンツがちょっと覗いている様な絵が描かれているだけで猥褻マンガになるようなお国柄です。(世界的に日本が突出して規制が緩すぎるともいえますが)

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。