2007年07月26日

同盟デモ隊による暴行の模様を収めたビデオの積極放映を促す

 ティーラパット首相府大臣は25日、プレーム枢密院評議会議長公邸前で22日夜半に発生した警察と反独裁民主主義同盟のデモ隊との衝突の際に撮影されたデモ隊が警察に対して過激な行動に出た模様を記録したビデオを各国内テレビ局に配布し、積極的な放映を促す方針を明らかにした。

 同大臣は発言の中で、政府との合同協議の席上で国家安全保障評議会のソンティ議長側から同様な要請があった事を認めた上で、同盟側が公開した警察側がデモ隊に暴行を振るっているシーンが記録されたビデオに対抗して、国民に対して如何にデモ隊が過激な手段を講じて非武装だった警察側に多数の負傷者を出したかを国民に知らせ、同盟側のビデオによって国民が「誤った」認識を持つことを防止する意図がある事を明らかにした。

 また、同大臣は24日開かれた閣議の席上で、旧政権関係者によるウェブサイトを利用した攻撃に対抗する為に、情報通信技術省を中心に「正しい情報」を伝える為のサイトを開設する方針を確認した事を明らかにした。

 25日に正式に運用が開始されたタクシン前首相の個人ページ"truethaksin.com"を意識した動きだと思われる。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。