2007年07月27日

ロシア人男性が新国際空港内で突然死

 26日早朝、スワンナプーム国際空港旅客ターミナル内にある国際線搭乗待合室内で、搭乗待ち中だった40歳のロシア人男性が突然ショック症状を引き起こし、搬送先の空港医療センター内で死亡が確認された。

 男性が飛行機への搭乗待ち時間中に飲んでいた大量のアルコールと持病があいまってショック症状を引き起こしたのではないかと見られている。



posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。