2007年07月27日

ソンクラーのプレーム支持派団体、ウィーラ氏の実家に向けデモ行進

 26日午前、ソンクラー県内のプレーム枢密院評議会議長支持派団体関係者約3,000人が、手にプレーム議長への支持を表明する文言等が書かれたプラカードを持ちながら、同県出身の反独裁民主主義同盟PTV系幹部のウィーラ・ムシガポン氏の実家に向けデモ行進を開始した。

 団体側は、同県出身のプレーム議長への攻撃を止めるよう警告する公開書簡をウィーラ氏の実父に手渡した後に散会する方針を明らかにしている。

参考
ソンクラーンのプレーム支持派団体、同盟に対抗する為の行動方針をまとめる



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。