2007年07月27日

南部情勢 (26日)

・26日7:00過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で、教師の警護作業にあたっていた軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発し、軍関係者1人が重傷を負い、1人が軽傷。

・26日午前、ヤッラー県ベートン郡内にある国境検問所当局者は、マレーシアのペナン州内でタイ人4人が偽造パスポート所持で摘発され、偽造パスポート18冊や麻薬類が押収されたことを受け検問所のチェック体制を強化したことを明らかに。また、タイ当局側は4人がマレーシア領内に潜伏中の分離主義組織関係者の入国を助ける目的で偽造パスポートを所持していた可能性もあると見てマレーシアの関連当局から情報を収集中。

・26日午前、ナラーティワート県県都内にある県庁舎の入り口前で、入所する車両の検問にあたっていた警備員が、税務職員が運転する小型トラックの下に不審物が取り付けられているのを発見し、周囲一体を立ち入り禁止にし爆発物処理班が調査に乗り出す事態になったが、最終的に走行中に巻き込んだ白色のポリ袋が巻き付いたものであることが判明。

・26日午前、ナコン・シー・タンマラート県ターサーラー郡内で、同郡内にある大学に通う23歳のイスラム教徒の男がソンクラー県サバーヨーイ郡内で発生した少なくとも3件の襲撃殺人及び同未遂に関与した容疑で逮捕。男はソンクラー県サバーヨーイ郡出身で、実行部隊の地域幹部クラスと見られる。

・26日夕方過ぎ、ヤッラー県ヤッハー郡内で、バイクで路上を走行中だった20歳(報道により40歳)のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され重傷。



posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。