2007年07月29日

グラビーで津波警報装置が誤作動、住民等が逃げまどう事態に

 28日17:00頃、グラビー県3郡内7ヶ所に設置された津波警報装置が誤作動により一斉に警報が鳴り、住民や観光客が血相を変えて逃げまどう事態になった。

 国立天然災害警報センター側は、何らかの警報装置の誤作動により警報が鳴らされたと見て調査中であるとしているが、同日19:00過ぎ現在原因は判明していないという。

 同センターによると、警報を鳴らす為のボタンが何者かによって押された形跡は確認されていないという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。