2007年07月30日

南部情勢 (27-29日)

・27日22:00前、ナラーティワート県スンガイ・ゴーロック郡内で、バイクで路上を走行中だった23歳のイスラム系住民男性が、小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され死亡。

・28日朝、パッターニー県県都内中心部で、22歳のイスラム系住民男性が、父親が経営するガソリンスタンド前にいた所で、何者かに銃撃され重傷。

・28日10:30過ぎ、ナラーティワート県ヂャネ郡内で、ガソリンスタンドを経営する34歳のイスラム系住民男性が、2台のバイクに分乗してガソリンスタンドに現れた4人組の内の1人に銃撃され重傷。

・29日早朝、ナラーティワート県インゴー郡内で、軍・警察合同特別チーム約500人が郡内2ヶ村内で一斉摘発を行い、分離主義組織RKKの実行部隊地域幹部と見られる5人を含む20人の身柄を拘束し、M16ライフル2丁、拳銃10丁、多数の銃弾、尿素系肥料やリード線等の爆発物の製作に使用されたと見られる部材等を押収。押収されたM16ライフル2丁は、何れも2004年1月4日にヂョアイローン郡内の陸軍基地内から強奪された物と登録番号が一致。身柄を拘束された20人はパッターニー県ノーンヂック郡内にあるインカユット司令本部に移送され取り調べが行われる予定。

・29日8:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、村道内を歩行中だった40歳のイスラム系住民男性が、小型トラックに乗った4-5人組に銃撃され死亡。男性は元分離主義組織の構成メンバーで、約2年前に当局に投降し、転向の為の教育を受けた後に2ヶ月前に釈放されていた。

・29日朝、ヤッラー県ラーマン郡内で、路上脇に潜んでいた人数不明の一味が、幹線上の警戒作業にあたっていた特務部隊員を乗せた車両に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この銃撃戦による軍側の人的な被害は無し。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。