2007年07月30日

マッチマー会派、中道主義党として新党結党を目指す

 マッチマー(中道)会派を率いるソムサック・テープスティン氏は30日、中道主義(マッチマーティパッタイ)党名で新党の結党を目指す方針を明らかにした。

 またソムサック氏は、パラン・プラチャーチョン党への合流を決めたタイ・ラック・タイ会派がバンコク特別自治体元知事のサマック・スンタラウェート氏及び元首相(元新希望党党首)のチャワリット・ヨンヂャイユット大将の両名に党首就任の打診を行っている事に関しては、政治経験が豊富である事は認めるものの、いささか年を取りすぎているとし、むしろ新世代の人物を党首に据えた方が好ましいとの考えを示した上で、中道主義党の党首に関しては、現状では明確に出来ないものの、いずれにしてもタイ・ラック・タイ会派が党首就任を要請している両名よりは若い人物が就く見通しであるとした。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。