2007年08月31日

警察署長の実父等3人を殺害したミャンマー人男女に死刑の判決

 刑事裁判所は30日午前、当時ウボンラーチャターニー県ドーン・モットデーン郡警察署署長の元警察大尉の実父(80)等3人を強盗目的で殺害したとして起訴されていたミャンマー人の23歳の男と18歳の女の2被告に対して死刑の判決を下した。

 事件は、昨年7月4日にバンコクのバーンケーン区内にある元警察大尉宅内で、メイドとして住み込みで働いていた女の手引きで男が押し入り、家主の元警察大尉やたまたま訪問中だった44歳の女性、35歳のタイ人のメイド女性の3人を殺害した上で金品等を強奪したというもので、裁判所側は、鬼畜にももとる残虐な犯行であると指摘した上で、減刑無しの死刑及び強奪した資産の返却ないしは31,300バーツの所有者への返済を命じる判決を下した。

参考
郡警察署長の実父等3人が殺害、ミャンマー人の使用人が手引きか?

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。