2007年08月31日

クルンテープ50がルゥアム・ヂャイ・タイに合流

 タクシン政権崩壊後ソムキット・ヂャートゥシピタック氏やスラナン・ウェーッチャーチーワ氏等が中心になって結成された道議主義会派に所属していた人物が中心になって結成されたクルンテープ50会派が正式にソムキット氏が後方支援するルゥアム・ヂャイ・タイ会派に合流する方針を決定した。

 クルンテープ50会派幹部のグンラトン・プラヂュワップモ警察中佐は、約20人の会派メンバーがルゥアム・ヂャイ・タイ会派に合流し、次期総選挙では多会派と積極的に合流し「新たな選択肢」として主にバンコク内で候補者を擁立していきたいとした。

 尚、スラナン氏の去就に関しては、タイ・ラック・タイ党解党により被選挙権を剥奪されている為明確になっていないという。

* 特に驚くような話ではないですね。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。