2007年09月27日

同盟、ソンティ議長の副首相就任は事実上の実権掌握

 反クーデターを標榜する国家反独裁民主主義同盟幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏は26日、国家安全保障評議会のソンティ議長が副首相に就任する事は評議会側が政府の実権を掌握する事に等しいと指摘した。

 しかし、ソンティ議長の副首相就任の背景に次期総選挙を掌握したいとの思惑があるとの指摘に関しては、まだ同議長の副首相への就任が確定していないとしてコメントを出来る状況には無いとした。

 尚、ウェーン氏によると、現在のところソンティ議長の副首相就任に反対する為の活動は計画されていないという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。