2007年09月29日

ぽっちゃり型巨乳の投稿に騙された男性、100Kg超の女に性行為を強要される

 27日夜半、首都圏警察本部ワーントーンラーン署は、ネットの出会い系サイトで知り合った男性に買春を強要した容疑で27歳の女を逮捕した。

 被害にあった男性によると、ネットの出会い系サイトで「ぽっちゃり型の巨乳が援助を必要としている」との投稿を見つけ女とコンタクトをとり、指定されたコンドミニアムの室内で会ったところ、ぽっちゃり型の巨乳ならぬ100Kg超の巨体女がそこにいた為、交際を断り部屋から出ようとしたところ女がドアの前に立ちはだかり、マフィアを呼ぶ等と脅かし金銭が介在した性行為を強要された為、女に従うそぶりを見せ女がベッドの所にいった所を見計らって室外に脱出し「難」から逃れる事が出来たが、逃れる際に女に引ったくられたPCT携帯電話機を使用して奥さんに言いつけるなどといって脅迫すると共に携帯電話機の返却代金500バーツの支払いを要求してきた為、警察と相談した上で、女の要求に応じ女が500バーツを受け取ったところで逮捕と相成ったという。

 女は警察に対して、派遣でマニキュア塗りの仕事をしている傍らでネットを利用してフリーで売春をやっていた。出会い系サイトには主に「弟の教育費を援助してくれる人を必要としています。肥満な私で良かったら援助目的で交際してもらえませんか」と言った内容の投稿を掲載してきたが、これまでに会ってきた男性は全員自分を見て驚いて逃げ出すような事は無かった。被害男性を脅迫したのは、部屋代とエアコン代金を回収したかったからだと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。