2007年10月28日

別居中の実娘(13)に薬物を嗅がせた上で強姦し妊娠させた非道な父親を逮捕

 警察は26日、13歳の実の娘を強姦し妊娠させた容疑で薬品関連企業の営業社員である38歳の男をバンコクのディンデーン区内で逮捕した。

 今回の逮捕は、実母からの通報により実現したもので、実母によると男と離婚して以来娘を引き取り暮らしていたが、2月に男が現れ愛おしい娘を親戚の家に連れて行きたいと言われたので、実の父親が間違いを犯すことはないと安心して娘を外出させたという。しかし男は娘を自宅に連れ込んだところで「よく眠れる薬だよ」と言って娘に薬物を飲ませ意識を失わせたところで事に及んでいたという。

 その後、男に強姦されていた事に気づいていなかった娘が最近になって下半身の異常を訴えた為、学校の教師に相談した上で医師のところに連れて行き、そこで初めて娘が妊娠している事を知り警察に通報したという。

 男は警察の取り調べに対して、頑なに容疑を否認しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。