2007年10月28日

民主党がプラチャーラート党に合流を呼びかけ

 民主党のステープ幹事長は27日、プラチャラート党のサノ党首と会談を行った際に、政権側・野党側何れについた場合でも政治連合として両党協調してやっていける事を確認すると共に、民主党と同じ理想を持つプラチャラート党所属の元下院議員を無条件で民主党側で受け入れ次期総選挙で擁立する意向がある旨説明していた事を明らかにした。

 ステープ氏によると、サノ氏は今回の呼びかけに対して29日までにプラチャラート党側の対応を明確にする方針を明らかにしていたという。

 このステープ氏の事実上の合流呼びかけに対してサノ党首に近いスチャート・バンダーサック氏は、プラチャラート党が民主党やプゥア・ペーンディン党の他党と合流する事も有り得る事を確認した上で、29日までに党の方向性を明確にする事が出来るとの考えを示した。

 尚、サノ党首側は、他政党から合流の打診を受けている事を確認した上で、国益の為に合流するべきであると判断した場合は、自らは政界から一歩退きアドバイザー的な立場で後方から支援していきたいとした。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。