2007年10月29日

タイ型ゲリマンダー? 新選挙区割りは不公正であるとパラン党が指摘

 パラン・プラチャーチョン党のティティマー副報道官は28日、先に選挙委員会によって行われた下院選選挙区の区割りが憲法の精神に反した不公正なものであると指摘した。

 元タイ・ラック・タイ党党首代行のヂャトゥロン・チャイセーン氏の実妹でもあるティティマー報道官によると、地盤であるチャチュゥンサオ県内では過去に一つの選挙区に括られた事が無い郡同士が一つの選挙区に括れたことにより選挙区内の住民を混乱させ有権者が投票に行く際の移動にも困難を来す内容になっている他、特にナコンパノム県内を始めとする東北地方の選挙区では、あからさまに旧政権関係者の地盤の切り崩しを意図したと思われるような区割りが行われているという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。