2007年10月30日

プラチャラート党はプゥア・ペーンディン党に合流?

 プラチャラート党のサノ党首に近いスチャート・バンダーサック氏(副幹事長)は29日、サノ党首夫人のウライワン・ティヤントーン女史等を引き連れプゥア・ペーンディン党幹部と合流に向けた協議を行う意向を明らかにした。

 但しサノ党首側は、仮に夫人や一族を始めとする党員が他党に移籍してもプラチャラート党に残る意向を示しているという。

 プラチャラート党に関しては、これまでにプゥア・ペーンディン党の他にチャート・タイ党、民主党から合流の打診を受けていた事が確認されていた。また、サノ党首は、党合流を決定した場合は政界から一歩退きアドバイザー的な立場で裏から党を支えていきたいとの意向を示していた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。