2007年11月29日

チューウィット氏、優柔不断な姿勢に抗議し党を離脱

 チャート・タイ党副党首のチューウィット・ガモンウイシット氏は28日午前、党の優柔不断な政治的なスタンスに抗議し党を離脱した事を明らかにした。

 先に総選挙終了後に民主党と連立すると見られていた同党のバンハーン党首が、旧野党連合系勢力と旧政権系勢力とを天秤にかけた優柔不断な姿勢を見せた事に対する抗議と見られる。

 尚、詳細な離脱理由に関しては同日昼版以降の新聞各紙に意見広告として掲載されるとの由。

参考
チューウィット氏、バンハーン党首はタクシン側か旧野党側か立場を明確にせよ
チューウィット氏、ウナギ料理でバンハーン党首を痛烈批判
パラン党、バンハーン氏との密約の存在を否定
タクシンの代理人、優柔不断発言のバンハーン氏を政治家の中の政治家と絶賛

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。