2007年12月03日

アピシット氏が有力首相候補、但し筆跡占いでは

 国際占星術協会会長のノンラック・スッタポン女史は2日、民主党のアピシット党首の署名の筆跡から同党首が首相になる可能性があると予言した。

 同女史によると、アピシット党首が首相に就任した場合は、数々の要求事項等による激務に晒されるが、持ち前の才覚で乗り切る事が出来るという。

 将来にわたって己に内包する確固たる自信が揺らぐことがない筆跡であると評価されたアピシット党首は、将来の激務を恐れていないとした上で、今後も(高評価を得た)現在の署名を使用し続けていく方針を確認した。

* 是非サマック君と一緒に占いをやって貰いたいものです。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。