2007年12月04日

プーケットの県評議会議長が権限を乱用し民主党候補に利益誘導

 プーケット県内の選挙区から立候補しているチャート・タイ党のソラナン・セーン一等海曹は3日、チャート・タイ党、パラン・プラチャーチョン党、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党及びプゥア・ペーンディン党から出馬している候補者を代表して県選挙委員会を訪れ、県行政機構評議会議長のアンチャリー・ワーニッチャテーパブット女史が権限を乱用して民主党の候補者に利益を誘導していると訴えた。

 訴えによると、アンチャリー女史が選挙期間中に約60人のメイドを集めマレーシアへ研修旅行に出かけた際や、疾病予防キャンペーンを展開した際に、夫でもある民主党から立候補しているトサポン氏を同行・同席させた事が特定政党への利益誘導に該当するのだという。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。