2007年12月05日

パッターニーの食堂で爆破、6人前後が死亡

 4日18:30過ぎ、パッターニー県県都内にあるカーオトム食堂付近で爆発が発生し、店内で食事中だった客や通行人等6人前後が死亡し30人以上が負傷を負った。

 爆発物は食堂前に駐車してあったバイクに仕掛けられていたと見られる。

 県都内では同日夕方、民間企業前に駐車してあった48歳の村長所有の小型トラックの下部に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われていた。

 更に同県内では、同日午前マーヨー郡内でバイクの2人乗りで路上を走行中だった夫婦が何者かに銃撃され2人とも重傷を負い、3日16:00前にはサーイブリー郡内で人数不明の一味が教師の警護作業にあたっていた軍関係車両に向け銃を乱射したが、幸い軍側に人的な被害はなかった。また、2日深夜にはヤッラン郡内にある学校が放火されほぼ全焼している。

 一方、ヤッラー県内では4日夕方、人数不明の一味が路上の警戒作業中だった自警組織員に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走し、この銃撃戦で自警組織員1人が負傷を負い、2日深夜には同県ヤッハー郡内で、自宅内でテレビを見ていた43歳の男性が押し入った人数不明の一味に銃撃され死亡している。



posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。