2007年12月11日

ネーションの調査ではパランが186、民主が139

 ネーション・グループが行った総選挙公示後4週間目時点での獲得議席数予想によると、3週目での調査時点で183議席だったパラン・プラチャーチョン党が186議席に伸ばし下院議会内最大議席を獲得し、3週目の調査時点で133議席だった民主党が139議席を獲得する状況になっている。

 また、苦戦を強いられているプラチャラート党も9議席から13議席に議席を増やす結果になっているが、比例代表区から出馬している党首のサノ・ティヤントーン氏は依然当選ラインに到達していない状況になっている他、これまで議席獲得が不可能と見られていた新希望党がガーラシン県内の選挙区から出馬している党首のチンチャイ・モンコンタム氏が当選を決め1議席を獲得する状況になっている。

 一方、総選挙後の政権成立の鍵を握ると見られるチャート・タイ党は62議席から57議席に議席を落とし、同様に政権成立の鍵を握ると見られるプゥア・ペーンディン党も47議席から41議席に落とすという結果になり、また、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党は前回調査と同様に24議席を獲得する状況になっている。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。