2007年12月14日

バンハーン氏がタクシン前首相に決別宣言?

 チャート・タイ党のバンハーン党首は13日、次期政権参画を視野に入れた密約説が流れるくらい親交があると伝えられていたタクシン前首相に決別宣言を突き付けたとも取れる発言をした。

 この発言は、タクシン前首相がインタビューの中で「バンハーン氏の事は既に忘却の彼方」とも取れる発言をしていたと伝えられている事を受けたもので、バンハーン党首は仮に前首相がその様な発言をしていたのであれば、今後は彼の事を思い偲ぶ事をやめ、ただテレビに頻繁に映し出されていた色白で四角顔の人物として記憶に留めさせて貰うと皮肉った上で、政治の世界とは関わらないと発言しておきながら、一分たりとも政治への関与を止めようとしない者とは金輪際関わるつもりは無いと発言した。


posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。